トップページ | ノートパソコン修理 メーカー別修理と故障の特徴|
Panasonic ノートパソコン(レッツノート)の修理 故障の特徴

ノートパソコン修理 メーカー別修理と故障の特徴

Panasonic ノートパソコン(レッツノート)の修理 故障の特徴

Panasonic(パナソニック)ノートパソコン(レッツノート、Let's note)はモバイルノートパソコンとしては非常に完成度が高く、特にLet's note LIGHTは爆発的に売れており、当初の販売価格も非常に高価なこともあり、修理のご依頼が非常に多いノートパソコンです。

当店でもCF-W2を中心にかなりの酷使をしておりますが故障も少なく、基本設計が非常に優れていることが証明されています。当店【オータムサポート】では、レッツノート全機種の修理に対応しております。

Panasonicのノートパソコンのイメージ画像です。

Panasonic ノートパソコン(レッツノート)ハードディスク交換

Panasonicレッツノートのハードディスクは3.3V仕様(通常は5V)のハードディスクが採用されている機種が非常に多く、交換の際は汎用の2.5インチハードディスクを改造し、搭載が可能です。高年式のLet's note LIGHTはSATA接続のハードディスクを採用しておりますので、改造は不要です。

Panasonic ノートパソコン(レッツノート)のハードディスク交換のイメージ画像です。

また、セーフモードなどの選択メニューが表示され、どの項目を選択しても再起動を繰り返す状態からも、元通りの状態で起動できることがあります。低年式のレッツノートをご利用のお客様は4200rpmのハードディスクが搭載されておりますが、ハードディスク交換後は5400rpmのハードディスクになりますので、処理速度が若干向上します。

Panasonic ノートパソコン(レッツノート)データ復旧

Panasonicノートパソコン(レッツノート)は全機種データ復旧に対応しております。データ復旧作業はお任せ下さい。特にセーフモードなどの選択メニューが表示されている状態からのデータ復旧は、ほとんどのお客様が最低のデータ復旧料金でお渡しできております。

Panasonic ノートパソコン(レッツノート)のデータ復旧のイメージ画像です。

また、ハードディスクが回転しない状況で、ノートパソコンの画面に「Operating System not found」が表示される、ヘッド吸着解除によるデータ復旧も通常の復旧料金の範囲内です。

Panasonic ノートパソコン(レッツノート)液晶パネル交換

Panasonicノートパソコン(レッツノート)の液晶パネルは、軽量化のため液晶パネルの中でも非常に薄型の液晶パネルを採用しており、非常に割れやすいのが特徴です。

Panasonic ノートパソコン(レッツノート)の液晶パネル交換のイメージ画像です。

液晶パネルは新品で入手することが非常に難しく、中古品にて修理対応させて頂くことが多くなってきました。Let's note LIGHTでは液晶画面前面の枠の部分に、両面テープで頑強に取り付けられています。このため、交換は前面の枠とともに交換できる中古部品を入手して交換するほうが、安価で交換できます。

Panasonic ノートパソコン(レッツノート)バックライト交換

Panasonicノートパソコンは特殊な構造のため、従来は液晶バックライトの交換は非常に難しい製品でしたが、当店【オータムサポート】ではレッツノートのバックライト交換も承っております。

Panasonic ノートパソコン(レッツノート)バックライト交換のイメージ画像です。

また、バックライトが切れかかった状況で使い続けますと、インバーターも同時破損することがわかってきました。画面がちらつくなどの症状が発生した際はすぐにご相談ください。

Panasonic ノートパソコン(レッツノート)インバーター交換

Panasonicノートパソコンのインバーターは機種間の互換性があり、中古市場では比較的容易に入手できるようになってきました。バックライトとインバーターの同時故障の際は、両方とも交換できます。

Panasonic ノートパソコン(レッツノート)インバーター交換のイメージ画像です。

また、インバーター自体のハンダ不良によって点灯しなくなるものはハンダ補修で直ります。CF-W2、CF-Rシリーズではケーブルの断線が多く見受けられます。画面が点滅する状況を放置しますと、マザーボード上のチップヒューズが切れますので、修理が厄介になってきます。症状が発生した方は、お早めに当店【オータムサポート】までご相談ください。

Panasonic ノートパソコン(レッツノート)DVDドライブ交換

Panasonicノートパソコンには、オープントップ型(シェル型)のDVDドライブが採用されておりますので、新品で入手することは困難です。交換をご希望の際は、中古品をお探しまして、交換を承っておりますので、ご了承ください。

Panasonic ノートパソコン(レッツノート)DVDドライブ交換のイメージ画像です。

Panasonic ノートパソコン(レッツノート)メモリ増設、交換

Panasonicノートパソコンのメモリ増設、交換は全機種対応しております。メモリ増設、交換は当店【オータムサポート】にお任せください。

Panasonic ノートパソコン(レッツノート)メモリ増設、交換のイメージ画像です。

Panasonic ノートパソコン(レッツノート)OS再インストール(リカバリー)

PanasonicノートパソコンのOSリカバリーは、Let's note LIGHT Wシリーズ(CF-Wから始まる型式)、Yシリーズ(CF-Yから始まる型式)では、製品に添付されているリカバリーディスクを使ってOSの再インストールが可能です。

Panasonic ノートパソコン(レッツノート)OS再インストール(リカバリー)のイメージ画像です。

Tシリーズ(CF-Tから始まる型式)、Rシリーズ(CF-Rから始まる型式)では、CF-T2、CF-R3まではノートパソコンが起動できる状態であれば、新しいハードディスクにリカバリー領域を移行して、OSの再インストールも可能ですが、起動しない状況の場合はOSの購入が必要となります。CF-T4、CF-R4以降のモデルでは、メーカーからリカバリーディスクの入手が可能です。下記をご参照ください。

http://faq.askpc.panasonic.co.jp/faq/1038/app/servlet/qadoc?001332

Panasonic ノートパソコン(レッツノート)その他故障の特徴

  • ブルーバックで停止する機種で無線LANドライバに関連する不具合が発生。
  • ハードディスクの状態が非常に悪くなるまで、動作し続けるため、データ復旧が困難な状況になる。
  • 液晶ケーブル断線による故障が多い。
  • 後期型の液晶パネルの劣化が早く、黄ばみや薄暗さが早期に発生する。

Panasonic ノートパソコン(レッツノート)その他故障について記述するこを表したイメージ画像です。

ページの一番上に戻る

家庭用の小規模蓄電システム・非常用電源システム・ソーラーパネルで発電する自然エネルギー蓄電システム:蓄電システム.com

店舗案内
ノートパソコン修理 料金表
最近多いパソコン修理・故障 こんな時はご相談ください
ノートパソコン修理
  • ノートパソコン修理 初めてご利用のお客様へ
  • ノートパソコン ハードディスク交換
  • ノートパソコン データ復旧
  • ノートパソコン 液晶交換
  • ノートパソコン バックライト交換・インバーター交換
  • ノートパソコン DVDドライブ交換
  • ノートパソコン メモリ増設・交換
  • ノートパソコン OS再インストール(リカバリ)
  • ノートパソコン キーボード修理・交換
ノートパソコン修理 自分で試して良いこと、いけないこと
  • ノートパソコンを修理に出す前に自分で試して良いこと
  • ノートパソコンを修理に出す前に自分で試してはいけないこと
ノートパソコン修理 メーカー別修理と故障の特徴
  • NECノートパソコン (Lavie)の修理 故障の特徴
  • 富士通ノートパソコン (FMV)の修理 故障の特徴
  • SONYノートパソコン (VAIO)の修理 故障の特徴
  • Panasonicノートパソコン (レッツノート)の修理 故障の特徴
  • 東芝ノートパソコン (dynabook)の修理 故障の特徴
  • IBM、Lenovoノートパソコン (Thinkpad)の修理 故障の特徴
  • DELLノートパソコン (Inspron・Latitude)の修理 故障の特徴
  • Apple(Mac)ノートパソコン (Macbook・powerbook)の修理 故障の特徴
ノートパソコン修理 お持込即日返却サービス
ノートパソコン修理 診断お持込受付サービス
ノートパソコン修理 宅配便受付サービス
オータムサポート
TEL:0120-581-252
TEL:03-5812-3221
FAX:03-5812-3882
E-Mail: note@pc-repair.jp
URL:http://support.autumn-tec.co.jp/

家庭用の小規模蓄電システム・非常用電源システム・ソーラーパネルで発電する自然エネルギー蓄電システム・自然エネルギーを活用した「太陽光発電」で楽しみながら省エネ・節電をしませんか?:蓄電システム.com