トップページ | ノートパソコン修理 メーカー別修理と故障の特徴|
東芝 ノートパソコン(dynabook)の修理 故障の特徴

ノートパソコン修理 メーカー別修理と故障の特徴

東芝 ノートパソコン(dynabook)の修理 故障の特徴

東芝ノートパソコン(dynabook、Qosmio、sattelite)では多くのバリエーションのノートパソコンがあり、非常に人気が高く、修理のご希望が多い機種としては、モバイル型のdynabookや、液晶画面の発色が良いQosmioが挙げられます。

ダイナブックEシリーズ、Aシリーズなど低年式のノートパソコンも長く愛用されている方が多く、修理のご依頼が多いのが特徴です。昨今、低価格競争から品質が悪化したとの指摘もあり、高年式のノートパソコンよりも、低年式のノートパソコンに完成度が高い可能性があります。メーカーサポートが充実しており、リカバリーCDやキーボードなど消耗部品の提供が早い点は評価できます。

東芝のノートパソコンのイメージ画像です。

東芝 ノートパソコン(dynabook) ハードディスク交換

東芝ノートパソコン(dynabook)は、殆どの機種が2.5インチのハードディスクが搭載されており、交換が可能です。

東芝 ノートパソコン(dynabook) のハードディスク交換のイメージ画像です。

薄型モバイル機種では、SS2000シリーズに1.8インチのハードディスクが搭載されていますので、ハードディスク自体の価格が高く、割高となりますが、交換自体は問題ありません。

また、セーフモードなどの選択メニューが表示され、どの項目を選択しても再起動を繰り返す状態からも、元通りの状態で起動できることがあります。低年式の東芝ノートパソコンをご利用のお客様は4200rpmのハードディスクが搭載されておりますが、ハードディスク交換後は5400rpmのハードディスクになりますので、処理速度が若干向上します。

※1.8インチハードディスクの回転数は4200rpmのままとなります。

東芝 ノートパソコン(dynabook) データ復旧

東芝ノートパソコン(dynabook)は全機種データ復旧に対応しております。データ復旧作業はお任せ下さい。特にセーフモードなどの選択メニューが表示されている状態からのデータ復旧は、ほとんどのお客様が最低のデータ復旧料金でお渡しできております。

東芝 ノートパソコン(dynabook)のデータ復旧のイメージ画像です。

また、ハードディスクが回転しない状況で、ノートパソコンの画面に「Operating System not found」が表示される、ヘッド吸着解除によるデータ復旧も通常の復旧料金の範囲内です。

東芝 ノートパソコン(dynabook) 液晶パネル交換

東芝ノートパソコン(dynabook)のうち、RXシリーズは非常に液晶パネルが割れやすい構造となっており、デザイン優先の弊害であると考えられます。

東芝 ノートパソコン(dynabook)の液晶パネル交換のイメージ画像です。

液晶パネル交換のご依頼も非常に多いのが特徴です。その他機種に関しましても、液晶パネルは新品、中古各種入手できておりますので、ご用命の際には、当店【オータムサポート】までお気軽にお問い合わせください。

※ダイナブックはバックライトコネクタが特殊なため、互換品を使用の場合、改造が必要となりますので、ご了承ください。

東芝 ノートパソコン(dynabook) バックライト交換

東芝ノートパソコン(dynabook)のバックライト交換は全機種承っております。特に低年式のノートパソコンで発生する、画面が赤みを帯び、しばらくすると直るといった症状が発生した際は、早めにバックライトを交換されることをお勧めします。

東芝 ノートパソコン(dynabook) バックライト交換のイメージ画像です。

東芝 ノートパソコン(dynabook) インバーター交換

東芝ノートパソコン(dynabook)のインバーターは機種間互換も多く、入手できる可能性が高い部品となっております。一部機種で入手が困難な場合がありますので、修理に時間がかかることがありますので、ご了承ください。

東芝 ノートパソコン(dynabook)インバーター交換のイメージ画像です。

東芝 ノートパソコン(dynabook) DVDドライブ交換

東芝ノートパソコン(dynabook)のDVDドライブはマザーボードの構造上、DVDドライブ自体の改造が必要となることがありますが、ほぼ全機種のDVDドライブ交換に対応しております。

東芝 ノートパソコン(dynabook) DVDドライブ交換のイメージ画像です。

一部機種で、9.5mm厚、7mm厚のDVDドライブが採用されていることがあり、この際は修理に時間がかかることがありますので、ご了承ください。

東芝 ノートパソコン(dynabook) メモリ増設、交換

東芝ノートパソコン(dynabook)のメモリ交換に関しましては、入手が非常に困難な特殊メモリを実装しているものを除き、ほぼ全機種に対応しております。キーボードを取り外してメモリを増設する機種もあり、お客様自身でメモリ増設が難しいと思われる場合は、お気軽に当店【オータムサポート】にご相談ください。

東芝 ノートパソコン(dynabook)メモリ増設、交換のイメージ画像です。

東芝 ノートパソコン(dynabook) OS再インストール(リカバリー)

東芝ノートパソコン(dynabook)のOS再インストールは、リカバリーディスクが付属している機種と、ハードディスク内にリカバリー領域があるタイプと混在しておりますが、いずれの機種も、ハードディスクを交換の上、OSの再インストールが可能です。

東芝 ノートパソコン(dynabook)OS再インストール(リカバリー)のイメージ画像です。

東芝 ノートパソコン(dynabook) その他故障の特徴

  • コストダウンの弊害と見られるマザーボード故障が多い。
  • 15インチ以上のノートパソコンで液晶パネルヒンジ外れが多く発生する。
  • キーボード故障が多い。
  • Qosmioのグラフィックチップ故障が多い。

東芝 ノートパソコン(dynabook)その他故障について記述するこを表したイメージ画像です。

ページの一番上に戻る

家庭用の小規模蓄電システム・非常用電源システム・ソーラーパネルで発電する自然エネルギー蓄電システム:蓄電システム.com

店舗案内
ノートパソコン修理 料金表
最近多いパソコン修理・故障 こんな時はご相談ください
ノートパソコン修理
  • ノートパソコン修理 初めてご利用のお客様へ
  • ノートパソコン ハードディスク交換
  • ノートパソコン データ復旧
  • ノートパソコン 液晶交換
  • ノートパソコン バックライト交換・インバーター交換
  • ノートパソコン DVDドライブ交換
  • ノートパソコン メモリ増設・交換
  • ノートパソコン OS再インストール(リカバリ)
  • ノートパソコン キーボード修理・交換
ノートパソコン修理 自分で試して良いこと、いけないこと
  • ノートパソコンを修理に出す前に自分で試して良いこと
  • ノートパソコンを修理に出す前に自分で試してはいけないこと
ノートパソコン修理 メーカー別修理と故障の特徴
  • NECノートパソコン (Lavie)の修理 故障の特徴
  • 富士通ノートパソコン (FMV)の修理 故障の特徴
  • SONYノートパソコン (VAIO)の修理 故障の特徴
  • Panasonicノートパソコン (レッツノート)の修理 故障の特徴
  • 東芝ノートパソコン (dynabook)の修理 故障の特徴
  • IBM、Lenovoノートパソコン (Thinkpad)の修理 故障の特徴
  • DELLノートパソコン (Inspron・Latitude)の修理 故障の特徴
  • Apple(Mac)ノートパソコン (Macbook・powerbook)の修理 故障の特徴
ノートパソコン修理 お持込即日返却サービス
ノートパソコン修理 診断お持込受付サービス
ノートパソコン修理 宅配便受付サービス
オータムサポート
TEL:0120-581-252
TEL:03-5812-3221
FAX:03-5812-3882
E-Mail: note@pc-repair.jp
URL:http://support.autumn-tec.co.jp/

家庭用の小規模蓄電システム・非常用電源システム・ソーラーパネルで発電する自然エネルギー蓄電システム・自然エネルギーを活用した「太陽光発電」で楽しみながら省エネ・節電をしませんか?:蓄電システム.com