トップページ | ノートパソコン修理 | ノートパソコン ハードディスク交換

ノートパソコン修理

ノートパソコン ハードディスク交換

このページでは、ノートパソコンのハードディスク交換が必要な状態を故障した症状やその際の修理内容を交えて、説明していきます。

ノートパソコンは、持ち歩くことが多いので、故障しやすく、ハードディスクは振動や衝撃に弱いため、デスクトップパソコンと比べて短い周期でハードディスク交換を行う必要があります。

あまりにも長い期間使用し続けると、ハードディスクが完全に読み込め無い状態になってしまい、大切なデータが消えてしまうこともあります。

そうなる前に故障する前兆や症状が見られた場合は、ハードディスク交換をご検討下さい。

ノートパソコン ハードディスク交換

ノートパソコンには2.5インチまたは1.8インチのハードディスクが搭載されており、交換が必要な際には、簡単に取り外しが可能な構造の場合と、全分解が必要なノートパソコンもあります。

ノートパソコンの保証期間内のお客様は、当店で分解、部品交換を行いますと、メーカーやご購入店の保証が受けられなくなりますのでご用命の際はご注意ください。

ハードディスクを交換するイメージ画像です。

ノートパソコンの起動が遅くなっても、なんとなく使い続けてしまい、ハードディスクが完全に読み取り不能になることもありますので注意が必要です。ハードディスクが故障した際には、一般的に次のような症状となり、ハードディスク交換による修理はおよそ次の通りとなります。

ハードディスクが故障する前兆
  • パソコンを起動させた際に、青い画面に白文字で、チェックディスクが実行される。
  • Macのノートパソコンで起動の際、毎回FirstAidが動作する。
  • 開けないフォルダや、コピーできないファイルがある。
  • データを保存すると、書き込み遅延が発生したというメッセージが表示される。
  • ハードディスクの回転音にガラガラという異音が混じっている。
  • パソコンを使用していると、カッタン、カッタンという異音が出る。
  • Macのノートパソコン起動させると「?」が表示され起動しないことがある。
  • 黒い画面でSMART Hard Drive detects・・・というエラーが出る。
  • 黒い画面でSMART Failure predicted・・・というエラーが出る。

ハードディスクが故障した際の症状

  • 黒い画面で「次のファイルが存在しないかまたは壊れている・・」という表示が出る。
  • Windowsを起動中に、一瞬青い画面(ブルーバック)になり、再起動を繰り返す。
  • 黒い画面でNTLDR is missingと表示され、以後何も動作しない。
  • 黒い画面でOperating System Not Foundと表示されハードディスクが回転せず、ギュー、ギューという音が出ている。(ヘッド吸着)

ハードディスク交換と全データの移行

ノートパソコンのハードディスクが故障してしまった際は、前記のような症状があっても、ハードディスクの中身をすべて新しいハードディスクに移行し、Windowsのシステムファイルを修復することで、ノートパソコンが起動しなくなる直前の状態に戻すことができます。

もちろん、前兆が出たら、すぐにハードディスクを交換し、全データの移行を行えば、ノートパソコンは完全に元に戻りますし、Windowsの起動も早くなり、快適にご使用頂けるようになります。

ハードディスク交換後のノートパソコンを快適にご利用しているイメージ画像です。

ハードディスクの障害の程度により、修復が難しいこともありますが、全データを新しいハードディスクに移行しますので、パソコンの設定や、ソフトも元通りになります。

このため、お急ぎのお客様には非常に好評を頂いております。お困りになった際は、お気軽にご相談ください。

一部機種でOSのリカバリーデータが保存されているパーティション(リカバリー領域)が取り出せないことがありますので、ご了承ください。

Macのノートパソコンのシステムファイル修復は難しい場合があります。

全データの移行でも起動できない場合はハードディスク交換とリカバリーを実施させていただき、データを保存するのみとなります。(この際、パソコンはご購入時に戻ってしまいますので、残念ながら各種設定やソフトはインストールしなおしとなります。)

ハードディスク交換とリカバリー

ノートパソコンのハードディスクが故障しても、ハードディスクを交換して、リカバリー(OS再セットアップ、OS再インストール、パソコンの初期化)を行えば、ノートパソコンを購入時の状態に戻すことができます。

但し、この作業はデータが消えてしまいますので、新しいハードディスクに交換した後に行うべき作業です。パソコンが起動しないからと言って、現在搭載されているハードディスクにリカバリーを実行しないようにご注意ください。

ハードディスクをリカバリーしているイメージ画像です。

昨今では、どのメーカーのノートパソコンもハードディスクの中にパソコンをリカバリーするためのデータが保存されていますので、ハードディスクが故障すると、ハードディスクの交換後、ノートパソコンを自分でリカバリーすることができません。

ところがノートパソコンを使われている方には、まったく知られていないのが現状です。(リカバリーするためのデータが保存されているハードディスクの一部領域を「リカバリー領域」と呼びます。)

ノートパソコンを使用しているイメージ画像です。

また、リカバリー領域を利用して、ノートパソコンをリカバリーできる機種では、CD-RやDVD-Rにリカバリーディスクを作成できる機能を持っています。ところが、殆どの方が気づくことなく使用されており、多くのユーザーはノートパソコンが起動しなくなり、ハードディスクが壊れて初めてこのような機能があったことに気づきます。

ハードディスクが故障してしまうと、残念ながら、このリカバリー領域も壊れてしまうことがありますので、本来は事前にリカバリーディスクを作成する機能を使用して、予めリカバリーディスクを作成しておく必要があります。

不運にもリカバリー領域ごと、壊れてしまった際は、当店でも復旧することは難しいことがあります。

しかしながら、メーカーによっては7千円前後でリカバリーディスクが販売されておりますので、リカバリーディスクを代理購入させていただき、パソコンをリカバリーさせて頂きます。

リカバリー領域が破損しているイメージ画像です。

勿論、従来搭載されていたハードディスクからデータを復旧できる場合は、これらの大切なデータを保存してお返しします。

一般に販売されているWindowsXPを購入してリカバリーすることもできますが、OSの価格はOEM版でも14,000〜19,000円程となりメーカーのリカバリーディスクより高価です。このようなOSにはデバイスドライバという機種ごとの設定情報が無く、ノートパソコンは正常に動作しないことがあります。

富士通(FMV)やDELL製のノートパソコンは、リカバリーディスクが付属しています。また、東芝製、パナソニック製、日立製のノートパソコンはリカバリーディスクが付属している機種があります。お手元にありましたら、必ずご持参ください。

Macのノートパソコンは、ご購入の際に付属品として、OSのリカバリーディスクが付属しております。ご来店の際は必ず、ご持参ください。

ハードディスク交換ヘッド吸着解除

ノートパソコンに搭載されているハードディスクは2.5インチまたは1.8インチの非常に小型のハードディスクが採用されています。このような小型のハードディスクは長期間の使用でプラッターという回転する記録板の回転軸が磨り減って異音を伴った振動が発生してくることがあります。

このような老朽化したハードディスクでよく起こる現象がヘッド吸着と言って、プラッターの振動により、ノートパソコンの電源を落とした際に、読み取り装置が元の位置に戻れず、プラッターの途中で取り残されてしまった際に発生します。

他社のパソコン修理、またはデータ復旧会社に依頼しますと、重度の物理障害と診断され、高額なデータ復旧料金を提示され、データの取り出しを諦めざるを得ません。

ところが、このようなハードディスクは、開封して読み取り装置を規定の位置に戻すだけで、すべてのデータを取り出せる可能性が非常に高いのです。

ノートパソコンを分解しているイメージ画像です。

このようなヘッド吸着が発生した際の特徴として、WindowsのノートパソコンではOperating System Not Foundと表示され、すなわち、ハードディスクからまったくデータが来ませんということを意味するエラーが発生します。

Macのノートパソコンでは「?」が点滅表示されて、同様にまったくデータが来ないことをユーザーに知らせます。

WindowsとMacでハードディスクが異常のときに出されるエラーのイメージ画像です。

ご自身のノートパソコンが同様の症状に見舞われた際は、電源を入れたと同時にノートパソコンに耳を当てて音を確認してください。ギュー、ギューという断続音が聞こえる場合は、データを取り出せる可能性が非常に高いと言えます。これは、ヘッドがプラッター上で停止してしまったため、プラッターが回転できないことを示しています。

当店では、ヘッド吸着に特別な料金は設定しておりません。あくまでもデータ復旧の一部の作業として行っておりますので、他社ではありえない低料金ですべてのデータを取り出し、ノートパソコンを元通り起動する状態でお返しすることができます。

ヘッド吸着解除は不慣れな方が行うと、ハードディスクに致命的なダメージを与えますので、ご自身で行わず、当店にお任せください。

このような症状のノートパソコンに通電をし続けますと、ハードディスクのモーター故障に波及することがありますので、早急に電源を落とし、ノートパソコンをご持参ください。

ハードディスクの開封は、本来、クリーンルームで行うべき作業となります。当店では簡易クリーンブースで実施しますが、必ず新しいハードディスクにデータを移行させて頂きますのでご了承ください。(ヘッド吸着解除したハードディスクは使用できません。)

前記のような症状でも、ハードディスクのモーター故障、あるいは基板故障の場合があります。この場合、残念ながら、データの復旧は困難ですので、ご了承ください。

ハードディスク交換アップグレード

最近はノートパソコンのハードディスクを大容量のものに交換して、保存できる容量を増やし、パーティションサイズも自由に変更し、ご自身の使い勝手に合わせて、CドライブとDドライブのサイズ設定をご希望される方が増えております。

ノートパソコンのハードディスクを交換することが「あたりまえ」と考える方が増えている証左です。

ノートパソコンを使用しているイメージ画像です。

一歩進んだノートパソコンユーザーの方はハードディスクの予防的交換と容量アップ、そして、交換前の内蔵ハードディスクは現時点でのフルバックアップとしてお手元に残ることを知っています。老朽化したハードディスクと不安な日々を送るよりは、一層快適にノートパソコンを利用していただけます。

2005年以降のノートパソコンにはSATA(シリアルATA)のハードディスクが搭載された機種も多く、現在では大容量のハードディスクが続々と発売されており、価格も日々下がっておりますので、非常にお求め易い価格となっています。

ノートパソコンの価格が下がっているイメージ画像です。

さらにSSD(ソリッドステートドライブ)はハードディスクのようにモーターが無いため、省電力、読み込み、書き込みの高速化が日々進んでいますので、ご自身のモバイルノートパソコンに搭載することをご希望の方も非常に増えています。

当店【オータムサポート】では、このようなアップグレードをご希望のお客様に、ノートパソコンを熟知したスタッフが親切、丁寧、適切にアドバイスを差し上げておりますので、ノートパソコンのアップグレードにお悩みのお客様はお気軽にご相談ください。

ノートパソコン修理サポート (お持込・宅配便・郵送)

診断料金(お持込・宅配便)
項目 定額料金 備考
割増について
割増は、当日2割増、祝日3割増、時間外3割増、弊社にて作業立会いをご希望の場合3割増が適用されます。
割増は作業料金、オプション料金、出張料金のすべてに適用されます。

店舗案内

パソコン修理をご依頼の際には、お手数ですが、パソコン修理サポート・データ復旧(お持込・宅配便)利用規約の内容を熟読ください。

印刷する場合は、以下PDFファイルをダウンロードしてください。PDFファイルをダウンロードできない場合は、HTMLファイルをご利用ください。

パソコン修理サポート利用規約PDFダウンロード

パソコン修理サポート利用規約HTMLダウンロード

【利用規約PDF】が開けない方は、【利用規約HTML】をご利用下さい。

弊社オータムサポート周辺の地図です。

メールのお問合せはこちら! お気軽にお問合せください。

お電話でもお気軽にお問合せください。 フリーダイヤル0120-581-252 携帯電話の方03-5812-3221

ページの一番上に戻る

家庭用の小規模蓄電システム・非常用電源システム・ソーラーパネルで発電する自然エネルギー蓄電システム:蓄電システム.com

店舗案内
ノートパソコン修理 料金表
最近多いパソコン修理・故障 こんな時はご相談ください
ノートパソコン修理
  • ノートパソコン修理 初めてご利用のお客様へ
  • ノートパソコン ハードディスク交換
  • ノートパソコン データ復旧
  • ノートパソコン 液晶交換
  • ノートパソコン バックライト交換・インバーター交換
  • ノートパソコン DVDドライブ交換
  • ノートパソコン メモリ増設・交換
  • ノートパソコン OS再インストール(リカバリ)
  • ノートパソコン キーボード修理・交換
ノートパソコン修理 自分で試して良いこと、いけないこと
  • ノートパソコンを修理に出す前に自分で試して良いこと
  • ノートパソコンを修理に出す前に自分で試してはいけないこと
ノートパソコン修理 メーカー別修理と故障の特徴
  • NECノートパソコン (Lavie)の修理 故障の特徴
  • 富士通ノートパソコン (FMV)の修理 故障の特徴
  • SONYノートパソコン (VAIO)の修理 故障の特徴
  • Panasonicノートパソコン (レッツノート)の修理 故障の特徴
  • 東芝ノートパソコン (dynabook)の修理 故障の特徴
  • IBM、Lenovoノートパソコン (Thinkpad)の修理 故障の特徴
  • DELLノートパソコン (Inspron・Latitude)の修理 故障の特徴
  • Apple(Mac)ノートパソコン (Macbook・powerbook)の修理 故障の特徴
ノートパソコン修理 お持込即日返却サービス
ノートパソコン修理 診断お持込受付サービス
ノートパソコン修理 宅配便受付サービス
オータムサポート
TEL:0120-581-252
TEL:03-5812-3221
FAX:03-5812-3882
E-Mail: note@pc-repair.jp
URL:http://support.autumn-tec.co.jp/

家庭用の小規模蓄電システム・非常用電源システム・ソーラーパネルで発電する自然エネルギー蓄電システム・自然エネルギーを活用した「太陽光発電」で楽しみながら省エネ・節電をしませんか?:蓄電システム.com